1.ドライヤーで髪が傷むって聞いてから自然乾燥です・・・
ドライヤーの温風の温度は一般的に100℃〜120℃とされています。髪の毛のダメージ(タンパク変性)は60℃くらいから徐々に始まります。ですがこのタンパク変性が始まる条件として『高い温度が髪に長時間触れている時』です。なので、アイロンならまだしもドライヤーを高い温度で長時間当てる事は・・・頭皮のやけどが心配されますし、熱くて無理だと考えられます。ご心配の方は乾かす前にタオルドライをしっかりして髪からドライヤーを10cm〜20cm離して振りながら乾かすと、熱が一定の場所にこもらないのでダメージにつながりにくいです。また、最近では低温で風量が強い商品や遠赤外線を使って乾きやすくしてワット数を下げて省エネを謳っている商品もあります。これらもなかなかおすすめです。女性の方でしたら洗い流さないオイルタイプのトリートメントですと髪をコーティングしてくれますので乾かす前に使うと熱から髪を守ってくれます。
※乾かさないとどうなるか・・・※
自然乾燥は本来髪に必要な分の油分もまきこんで一緒に蒸発してしまいます。よって、髪は乾燥しダメージの原因となってしまうのです。頭皮も同様です!詳しくは男女共通の頭皮お悩みに記載致しますm(_ _)m
区切り